アクセスカウンタ

クワガタ考場{オリジナル飼育の巻}

プロフィール

ブログ名
クワガタ考場{オリジナル飼育の巻}
ブログ紹介
クワガタの飼育方法についてあれこれ考えていきたいと思います。よろしくです。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
その後の経過
酵素を入れてみた幼虫なんですが あまり大きくなりません! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/04 15:36
大きくなる素質のある親種の選び方
成虫の食物は、大型種ではマルバネクワガタ属などを除くと、樹液や腐敗した果実などのように糖分とそこに繁殖した酵母菌を多く含む餌に集まる種が多い。こうした食物に集まる大型種を含む系統群(タクソン)自体が、このようなパッチ状に点在する餌資源を雌雄の出会いの場とすることで雄による雌を巡る激しい資源防衛(雌自身、或いは雌のやってくる餌場の独占)のための闘争行動を行うグループとして進化したたと考えられ、これによって闘争の武器になる身体の大型化、雄の大顎の長大化といった一連の形態の進化が生じたと考えられている... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/21 22:13
産卵
来年まで産卵させるつもりはなかったんですがちょうど菌糸ブロックが中途半端に残ってるのと来年まで我慢できないのとで秋田産のクワをさんらんさせてみようかなーと思います。産卵しないようならそれはそれでいいんですけどね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/20 21:55
− タイトルなし −
さっき飼育ケースの中いじってたらなんか水っぽいものが手をかすったんだけど水が飛ぶようなものは何も無いしいるのは秋田産のWF1のオスのみだった・・・・・・・てんめぇぇぇぇええええええーーーーもしかしてあれですかぁぁぁーーーーあれを俺にかけたんかぁぁぁーーー?この野郎ーーーその反骨心まさにワァイルドゥ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/20 21:44
持ちクワ
持ちクワ こちらは秋田産のクワです来年の親種です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/18 20:18
持ちクワ 
あと1ペア来年の親種に購入予定です。それは秋田産のクワでWF1から累代飼育(インブリード)していきたいと考えています。 この個体で極太、大型が生まれるのかどうか試みてみたいと思います。特に極太は阿古谷産に多いんですがこれは交雑によるものなのかどうか確かめてみたい!もしこの秋田産で極太なるものが作出できれば交雑説は必ずしも当てはまるものではないことを証明できるので頑張りたいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/17 22:01
持ちクワ
持ちクワ やったー!オークションで落札したクワが届きました。やはり全然ちがいますね重量が!来年がたのしみですな!阿古谷産ゲットだぜ!(ポケモン風) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/17 21:39
親種
明日オークションで落札した阿古谷産のクワが届きます。楽しみだな〜かなりいい個体なので来年の親種にしたいと思います。明日画像アップしますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/16 21:05
血統について
ほとんどの人がその外観の派手さからオスを重要視して種親を選んでいると思いますが真に重要なのはメスの選別にあると私は思います。オスの外観のインパクトにメスの重要性が隠れてしまっています。これは心情的には私もよく分かります。オスにくらべてメスはどれも同じようにしか見えませんからね〜しかし卵は誰の体内から出てきます?メスですよね?それに誰かのブログかなんか交雑の問題についてその遺伝子情報を特定できるのはメスのほうだけでオスのほうはできない、だから交雑かどうかを判断するのは難しいと書いてありました。この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/15 22:29
− タイトルなし −
正解はジャジャン!さつまいもでした!わかったひといたかな?うそではありません正真正銘うちの畑で取れたさつまいもです!明らかに栄養過多ですなこりゃ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/15 21:50
− タイトルなし −
− タイトルなし − さて問題です!これはなんの作物でしょうか?正解は明日をお楽しみに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/14 22:16
添加剤について
前の記事で幼虫の消化吸収能力を高め体内のバクテリアを増やすような添加剤はないかとかきましたがそのキーポイントとなるものは酵素ではないかと思いそこに注目しています。酵素は消化酵素と代謝酵素があり消化酵素は消化能力を高め代謝酵素は免疫力を高めてくれます。酵素は生きており今市販されている人間用の酵素は食品衛生法等により熱処理されているためほとんど死んでいるのではないでしょうか?(酵素は50度以上で加熱すると死んでしまうらしいです)よって人間用の酵素を使っても処理されているためさほど効果はないと思われま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/14 14:58
− タイトルなし −
このブログを見ている人は(いるのかな?)前の記事に書いてあることを鵜呑みにはしないでほしいです。まだ仮定しているだけなので。来年から検証していきたいと思っていてその結果が概ね良好(これをやれば絶対という飼育方法はありません)であれば薦めたいと思います。前蛹〜蛹化の記事で書いたことぐらいは今いる幼虫で検証可能だと思うので検証してみたいと思います。来年の春あたりをお楽しみに。余談ですが今は常温飼育しております。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/14 13:55
前蛹〜蛹化
世にいう極太や大型はなぜ生まれるのか?(交雑説が囁かれていますが)やはりクワブリーダーさん達が言うように気温ではないかと思います。そこで私はそのことを前提として前蛹〜蛹化の期間が極太大型を作出するうえで大切なのではないかと考えました。前蛹〜蛹化は幼虫の姿から準成虫になる期間ですからこの期間に温度を上げてやり細胞の活動を活性化させてやれば大きくなるのではないか?と考えました。蛹化からは大きくならないと思います。前の記事で書いたように前蛹〜蛹化の期間はさほど幼虫にとって難しいことではないと仮定してこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/13 14:48
− タイトルなし −
今ヤフオクで阿古谷産のクワを入札中(来年の親種)なんですが気に入ったやつが他の人に更新されてしまってそんな金無いのに意地になって2つくらい(他のクワに)入札したらその後誰も更新しないでやんの。ぶっちゃけ阿古谷産は2ペアもいらないんだけどな〜バカなことしたな〜今にはじまったことじゃないんだけどね(笑)。あと今年の幼虫は温度管理はしていません(常温飼育)しかしそれでは大型のクワを作出するのは難しいんではないかと思い温室を作ろうかと思います。お楽しみに! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/13 00:28
持ちクワ
持ちクワ myクワガタです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/10 22:10
− タイトルなし −
チャウチャウそれはちーがいーますちがあていてはーこまあチャウチャウ! この歌ムカーシムカーしNHKの教育テレビで流れていたんだけど友達の前で口ずさんだら笑われた!はずい! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/10 21:59
羽化不全について
なぜ大きな個体は羽化不全になりやすいのか今日はそのことについて推測してみようと思う。 単純に蛹室の状態が悪かったために羽化不全になるという考え方もあると思うがそれなら人口蛹室に移してしまえばこの問題は解決してしまうので1つの要因としてはありえると思うがすべてではないように思う。 体が大きい個体と小さい固体では羽化不全率の割合が軒並み違ってくるのは人間による遺伝子操作(飼育方法?)により必要以上に肥大してしまったからではないだろうか?幼虫は蛹から羽化するときに羽化するぞという信号を体全体に送っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/10 21:48
構想(今後の予定)
現在手元には産地不明 累代も不明のオオクワが1ペアいますがこいつらだけでは寂しいのと来年の繁殖に向けてもう2〜3ペア買おうと思っています。オリジナルの世に言うマイ血統を作りたいと思っているのでWF1から累代飼育していきたいと思っています。あとよく話題になっている有名産地ってありますよね?それとは別のマイナー産地から有名産地にも負けない大型のオオクワを作出したいと思ってます。たぶん東北あたりになると思います。うまくいったらみなさんガンガンアクセスしてください!待ってます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/09 17:34
菌糸ビンについて
菌糸ビンについて タイトルが菌糸ビンについてというタイトルなんですが今回は菌糸ビンの形状についてアイデアを思いついたんで述べさせていただきます。幼虫にはビンの底の方で菌糸を食べ進むタイプがいると思うんですがこのタイプの幼虫の習性を利用して餌を多くそしてまんべんなく食べさせられないかと考えました。そして菌糸ビンの形状に注目してみました。通常市販の菌糸ビンだとみなさん大体想像できますよね? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/09 14:10

続きを見る

トップへ

月別リンク

クワガタ考場{オリジナル飼育の巻}/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる